【固定費削減】楽天銀行ハッピープログラム改悪対策!!毎月2回の送金手数料を無料のまま使い続けるには!?

固定費削減
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、けんちです。

単身赴任をしていると何かとお金の送金が必要です。

私の会社では、毎月5万円以上の送金がないと子供の扶養手当が受け取れないという決まりがあります。

9月に二人目が産まれてからは、毎月2回の送金が必須になりました。

これまでは、以前紹介した楽天銀行プログラム

により毎月3回までの送金が無料でしたが、

 

 

12/24 0:00をもって、この制度が使えなくなるということで、この対策を考えてみました!

それでは、今日のあらすじです。

楽天銀行ハッピープログラムの改悪について

まず、今回問題になる楽天銀行プログラムの改悪についてお伝えします。

私が、これまで楽天銀行の取引件数のカウントを稼いで、スーパーVIP会員になることで、3回の送金まで無料化にさせてきました。

しかし今回、

改悪のお知らせ

取引件数のカウントができなくなりました!!

12/24 0:00までのカウントは有効ということでしたので、1月までは無料送金ができそうです!

準備期間はまだありますね!!

ということで、ここから対策についてです。

楽天銀行の今後

実は楽天銀行のスーパーVIPでなくても、送金手数料がかからない方法があります。

給与受取

楽天銀行のステージが給与受取をするだけで、送金が3回無料になるのです!

プレミアム会員(残高50万以上)

今まで取引件数により、スーパーVIPまで会員ステージを上げていましたが、

実はプレミアム会員でも月2回の送金無料の恩恵が受けれます。

私の場合、楽天せどりを行うにあたり、楽天銀行の口座からのカード引き落としが50万円近くになります。

楽天カードの引き落としのタイミングが毎月27日

なのに対して、

ハッピープログラムの判定基準日が毎月25日

であることから、

引き落としに備えるための入金をしておくだけで2回までの送金は無料で使えます

もちろん、元から残高がある方にとっては、こんな心配をする必要はありませんし、

楽天証券とのマネーブリッジをするだけで、一般の銀行よりも

年金利が100倍(0.10%)高い

ので、これを機に楽天銀行にお金を移してみても良いのではないでしょうか。

  • 年利0.001%参考:100万円を1年間で10円
  • 年利0.1%参考:100万円を1年間で1,000円
 

小さい差かもしれませんが、置いておくだけなら、0.1%の方がいいですよね!

その他の銀行

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行はゆうちょダイレクトを使うことで、月5回まで送金手数料無料です!

しかし…

同じゆうちょ銀行間であることが条件です!!

他行送金は440円の手数料がかかります。

私はゆうちょを持っていますが、娘は別の銀行ですので、今回は使えないことになりました。

住信SBIネット銀行

既に口座を持っている方、もしくはこれから口座開設するのに抵抗がない方は、この銀行もおすすめです。

スマプロランクに応じて無料回数が異なります。

口座を持っているだけで、月1回の送金は無料です

スマプロランクの条件はこちら↓

こちらは、30万円以上の入金で3回まで送金が無料になりますので、楽天銀行よりも達成しやすい条件になっています!

この他、30歳未満の方は自動的にランク2になりますので、3回まで無料送金が可能です!

まとめ

けんち
けんち

最終的に私は「楽天銀行」を使い続けることにしました!

楽天ポイントせどりをしている間は、毎月25日現在で残高50万円は確実に超えることができるので、毎月2回の送金無料です!

ゆうちょ銀行へ送金する方は、ゆうちょダイレクトでもいいかもしれませんね。

楽天銀行の条件が厳しい方や3箇所へ送金する方は、住信SBIネット銀行がおすすめです。

ということで、

今日は楽天銀行改悪対策!!として

月2回の無料送金の方法を紹介しました!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

このサイトでは人生を豊かにするための知恵や経験を紹介していますので、是非他のブログにも足を運んでみてください。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました