お得情報

7/1から楽天モバイルの1GB無料運用が終了!それでも楽天モバイルを使い続ける3つの理由

先日、7/1からの楽天モバイルの新料金プランが発表されました!

三木谷社長の 「ぶっちゃけ、ゼロ円で使い続けられても困る」という発言のとおり

新プランの楽天UN-LIMIT Ⅶ では1GBまでの無料が廃止となりました。

今回は、そんな新プランの詳細を解説した上で、それでも楽天モバイルを使い続ける3つの理由をお伝えしていきたいと思います。

楽天モバイル 新プラン楽天UN-LIMIT Ⅶ

楽天モバイル公式引用

新料金プランとして目玉となってくるのが1GBまで無料廃止です。

これまでは、1GBまで無料を含め、4段階で料金が分かれていましたが、今回から3段階の料金に変更となり、3GBまで1,078円、20GB2,178円、どれだけ使っても3,278円となりました。

料金改定スケジュール(既存ユーザー)

1GB以下無料に関しては段階的に料金改定が行われ、

7/1から8/31は現行プラン通り1GB以下は無料。

9/1〜10/31は1GB以下であれば、プラン料金相当分の楽天ポイントをプレゼントとなっており、

実際に料金がかかるのは11/1以降となります。

メールサービスの開始

7/1からは新たにメールサービスがスタートし、楽天専用ドメインが使用できるようになり様々な登録に新たなアカウントとして使用できます。

使用感などはまたお届けしたいと思います

楽天SPUにさらに追加

6/1から新SPUとして2種類のポイントアッププログラムがスタートします!こちらは後ほど詳しくご紹介していきます!

楽天グループサービスや動画配信サービスが無料に

はじめての利用をするサービスに対して、楽天モバイルユーザー限定の特典を受けることができます。

ちなみに当サイトでは、YouTubeプレミアムを格安で使用する方法もご紹介していますので、よければ参考にしてください。

10分かけ放題が15分に

これまで毎月1,100円で使用できた10分かけ放題が15分に延長となりました。

しかも、5/12までに10分通話かけ放題が未使用であれば、3ヶ月間は無料で体験できます。

ただ、個人的には楽天LINKでほぼほぼ事が足りているため、使用する機会はないかなと思っています。

パートナー回線データチャージ金額の変更(値上げ)

楽天モバイル回線以外の高速通信を使う方向けではありますが、データ通信量の値上げが発表されました。

それでも楽天モバイルを使い続ける3つの理由

ではここから、なぜ私が楽天モバイルを使い続けるのかお伝えしていきます。

①自宅のネット回線+携帯代金がどんなにネットを使っても3,278円

テザリングによるWiFi機能

実は我が家の自宅のネット通信はすべて楽天モバイルのテザリングで賄っています。

これにより、ネット代毎月約4,000円を節約することができています!

ゲームなどをやる方には物足りないかもしれないが、ネットサーフィンや動画視聴などの通常利用であれば 全く問題ありません。

現にYouTubeの投稿もすべて楽天モバイルで行っており、アップロードにかかる時間も10分で完了(10分前後の動画)します。

RakutenLINKによる通話

また、RakutenLINKによる通話も無料であることから、通常の携帯利用と合わせて3,278円であることも魅力の一つです。

データ無制限の精神衛生上の安定

そしてなにより、データ通信料を全く気にしなくても良いというストレスフリーのスマホライフは一度はじめたらやめられないと思います。

常にデータを気にして携帯をいじることを考えたら、精神衛生上めちゃくちゃ良いと思います。

ちなみに先月は103GBの使用でしたが、

3,384円(ポイント払い)で賄えました。

ちなみに3,278円でないのはSMSの使用や一部RakutenLINKによる通話ができない相手への発信による追加料金です。

②楽天市場の買い物が+2倍(上限2,000P)

6/1から楽天モバイルユーザーに向けて、楽天市場のSPUへ新たな追加がありました!

楽天市場で毎月10万円以上購入すると

楽天モバイル+1倍で期間限定ポイントが1,000P

ダイヤモンド会員+1倍で期間限定ポイントが1,000P

合計2,000Pが獲得できます。

楽天モバイルの支払いは期間限定ポイントでも可能ということで、日ごろから毎月10万円以上購入する楽天市場ユーザーであれば実質2,000円の割引と同等のサービスを受けることができます。

楽天市場で月5万円でも実質1,000円割引と同等です。

これにより使い放題で3,278円-2,000円=実質1,278円はかなり魅力的ではないでしょうか。

さらにさらに!元々の楽天SPU+1倍(毎月上限5,000P)は継続されるため、

例えば、楽天市場で月20万円を購入された方の場合

元のSPUで2,000P

新SPU1,000P(楽天モバイル回線)

新SPU1,000P(ダイヤモンド)

合計4,000P

ということで、携帯代金3,278円の元が取れてしまう計算になります!

③楽天への感謝と将来の展望

楽天モバイルの参入による携帯料金水準の値下げ

楽天モバイルが携帯業界に参入するまではスマホを持つと毎月5,000円が当たり前の時代でした。

しかし、今では携帯大手3社が3,000円前後の格安プランを展開。

楽天の参入により日本の携帯料金の値下げに大きく貢献したのは間違いありません。

それは、楽天が赤字覚悟の経営をしたからこその功績だと思いますので、そのお返しという意味でも、個人的には楽天モバイルを使い続けたいと思います。

5G回線による通信の拡大

携帯電話の通信網は5Gの時代がもう目前まできています。

都心部ではもうすでに5G回線が使える地域がちらほらと見受けられます。

5Gになることで通信料が莫大に増加するになり、大容量が定額料金で使えるという楽天のメリットがさらに享受できるはずです。

また、楽天の独自回線としての5Gの拡大も魅力の大きな一つです。

現在5Gには2つの分類があります。

青:ミリ波

30Ghz~300Ghzの周波数帯 (28Ghzもミリ波と呼ばれる)

多数同時接続と超高速・大容量通信が可能

障害物による減衰が大きい

緑:Sub6

6Ghz未満の周波数帯

広域まで電波が届き障害物を回り込む

速度と同時接続が欠点

このような性能上、期待値としてはミリ波の基地局が増えることで 通信網がさらに発達することが予想されます。

これには、楽天の約2年で人口カバー率96%を達成した基地局設置のノウハウが存分に生かされるはずです。

最新情報でいくと、2022年3月末時点で人口カバー率97%を突破しています。

まとめ

楽天モバイルの新料金プラン「楽天UN-LIMIT Ⅶ」が発表され、

1GB以下無料が終了することになりました。

ただ、そんな中でも、

①自宅のネット回線+携帯代金が どんなにネットを使っても3,278円

テザリングにより自宅のWifiとしても使用できる

楽天LINKを使えば通話も無料

データ通信を全く気にしなくてもいい

②楽天市場の買い物が+2倍(上限2,000P)

楽天市場で毎月10万円以上使う方は 実質1,278円で楽天モバイルを使える

元々のSPU+1倍(上限5,000P)も健在

楽天市場で20万円購入した場合4,000P還元

③楽天への感謝と将来の展望

日本の携帯料金の値下げに大きく貢献した楽天への感謝

5G回線の拡大で大容量通信が当たり前になる

楽天の独自回線の魅力

基地局設置ノウハウ

といった、3つの理由から楽天モバイルをこれからも使い続けていきたいと私は思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
けんち
お得生活大好きサラリーマンのけんちです。お金にまつわる『知らなきゃ損』を減らすために情報発信しています。マイブームはサウナ。静岡県出身名古屋在住。1990年生まれ。FP2級。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。